Sorry! This Page Is Japanese Only./since 1999.10.25
*パンデモニウム―入り口にて*


セシリア: この厳重な守り…
やはり、ここには何かありますッ!

ザック: ならさっさと、
お引取り願おうぜ。
俺たちの相手は、こいつじゃないッ!

戦闘開始⇒戦闘終了
アルハザード、エルミナを掴んで登場

ザック: ――エルミナッ!?

ザック、アルハザードの下へ駆け寄るが
倒したはずのタラクスから毒が放出される

セシリア: …か、身体の自由が…

アルハザード: クカカカカ…
如何に屈強な戦士といえども、
虚をつけば脆きもの…
これ、兵法の極意のひとつなりけり。

セシリア倒れる

ザック: …くッ、くそ…
なんのつもりだ…、アルハザード…
くッ、そ、そいつは…
――エルミナは、
…お前たちの仲間じゃないのか…ッ!?

アルハザード: …仲間?
ええ、そうですとも。
私共の計画に、なくてはならない存在ですよ。
ですからこうして、
役に立ってもらっているではありませんか。
クカカカカ…

ロディ倒れる

アルハザード: これから始まるイベントを、
邪魔されたくはありませんのでな…
暫時、あなた方にはおとなしくしてもらいますよ。

ザック倒れる

気が付くと牢獄の中――壁に拳を叩きつけるザック…

ザック: ――くそッ!!
俺の不注意で、
このていたらくだ…

ハンペン: 他のみんなは無事なのかなぁ?
オイラたちとは、
遠く離れた牢獄に囚われたみたいだし…

なおも壁に拳を叩きつけるザックに

ハンペン: やめなよッ!
そんなことしてなんのつもりだよッ!?

ザック: たしかめていたんだよ…
身体の痺れがとれたかどうかを、な…

ハンペン: ――えッ!?

ザック: そろそろ復調だな。
ここから脱出といこうぜ、相棒…

房の隅に排水口を見つける

ザック: ――排水口か…
おい、ハンペン…
脚の短いお前なら、
ここをくぐり抜けられるだろう?

ハンペン: 脚の長さは関係ないよッ!
――でも…、そうだね…
ここはオイラの出番なんだね…?

ザック: ああ、頼むぜ。
なんとか檻のロックを外してくれ。
まかせたぞ、相棒ッ!

ハンペン: ――まかされたッ!


牢獄を脱出しパンデモニウム最奥へ――

ジークフリードとアルハザードの奥にダークネスティアが設置されている
中にはレディ・ハーケンの姿が…

ザック: ――エルミナッ!!?
エルミナにィッ…
何をしたァああああああああッ!!?

ジークフリード: 以前に宣告したではないか。
我々は守護獣ガーディアンを殲滅するとな。
これが対守護獣ガーディアンの切り札…
ダークネスティアの完全起動状態だ。

セシリア: …あなたも、
次元の狭間より生還できたのですね?

アルハザード: 正直言って、私も驚かせてもらいましたよ。
まさか、あのような危地より舞い戻るとは…
さすがは蒼の騎士といったところですかな?
クカカカカ…

ジークフリード: お前たちのために特等席を用意してやろう。
そこで指をくわえて、見ているがいい…
ダークネスティアの放つ黒き輝きが
この星の全土に渡って降り注ぎ、
世界を引き裂く様をな…

ハンペン: 何を言ってるんだッ!
この星は丸いんだ。
星の全土だなんて、そんなこと――

アルハザード: できるのですよ。
とても簡単にね。
そう、ダークネスティアの黒き輝きは、
涙のかけらの効果を逆転させて精製された、
いわば、負の生命エネルギーなのです。
あなた方なら、
生命エネルギーを各地に転送する方法を
ご存知のはずだと思いますが…?

ハンペン: ………エルゥのほこら………
そうか、ほこらの反射鏡リフレクターを使って…ッ!

ジークフリード: …聡いな。
あの忌まわしき種族が、
衛星軌道上に静止させた反射衛星こそ、
我らの計画の要であるのだ。
ここより射出された負の生命エネルギーを
大気圏外にて反射、
ファルガイアの各地に照射する…
この意味がわかるか?
守護獣ガーディアンどもの力のネットワーク…
レイラインを破断し、
この星に壊滅的な被害をあたえるッ!!
荒野? そんな生やさしいものではない。
あらゆる命が壊れて散った、
文字通り死の世界へと化すのだッ!!

ザック: そんなくだらないことのために…
エルミナは…
お前たちはァあああああ…ッ!

アルハザード: レディ・ハーケンも、
元をただせばニンゲンのオンナ…
子をつくり、
産めるのがオンナの身体ならば、
それこそまさに生命力の源…
ダークネスティアの核として、
負の生命エネルギーを精製するのに、
これほど都合のいいものはありません。

ジークフリード: やれ、アルハザード。
出力、ゲインいっぱいだ。

アルハザード: (出力最大ですと…?
何を考えますかジークフリード…
そんな危険を冒さずとも、
この計画の目的は…
それとも、他に狙いがあって…?)

ジークフリード: 何をしている。
黒き涙のかけらを
世界中に降り注がせるのだッ!

アルハザード、ダークネスティアの照射を開始

アルハザード: ………

ジークフリード、アルハザード消え、ダークネスティアが輝き始める
ザック、ダークネスティアの元へ駆け寄り…

ザック: クソッ、どうすればいいんだッ!?
このままじゃ、
奴らの思うがままだッ!

ダークネスティアの衝撃でザック、弾き飛ばされるもロディに支えられる

ハンペン: ――始まっちゃったッ!?

セシリア: 涙のかけらが…
いいえ、世界に満ちる全ての命が、
悲鳴をあげています…

ザック: クソッたれがァァァああああッッ!!!


ダークネスティアの黒き輝きは、
衛星軌道上のライブリフレクターによって拡散すると
ファルガイアの各地へと降り注いだ。
世界を支える力のネットワーク、レイラインは破断され、
その瞬間、守護獣ガーディアンの力は著しく減退した。
均衡を崩された守護獣ガーディアンの力が負荷を生み、
その歪みが、様々な天変地異を引き起こす…
涙のかけらとは対極に位置する、
ダークネスティアの力は、
秒刻みで星の命を殺ぎ落していくのであった。
永遠とも思える時間の中、
滅びを奏でる咆哮が響き渡る。
同時多発した災厄に対し、誰も為す術がなく、
全てが沈黙するその時まで、
ただ、恐怖するしかなかった…

ザック: やめろぉぉぉおおおおおおツ!

ザック、ダークネスティアに一閃、二閃浴びせるも効果なく…
さらに一太刀浴びせて…ようやくダークネスティアが砕け散る
ロディとセシリアに支えられ、起き上がるザック

ザック: …――エ、エル、ミ――…ッ…

エルミナ: ――近寄るなッ!

レディ・ハーケンとして立ち上がり…

レディ・ハーケン: あたしは、魔族の騎士ッ!
レディ・ハーケンだッ!!

レディ・ハーケン消える

ザック: 守れなかったッ!
力だけじゃ、また守れなかった――ッ…

ザック倒れる

セシリア: いけませんッ!
早く手当てを――ッ!!

ハンペン: ザックッ!?
しっかりしてよッ!
目を開けてよ…ッ!!
直接的には最後しかないですがここは外せないでしょう!入ってすぐのアルハの演出に…殺意が沸いたヨ
おのれぃッ!汚らわしい手でエルミナに触れるなッ!その掴み方をやめろぉ!と
アルハをギタギタのボロボロにする事を誓ったトカ…最後ジークとアルハの語りは遠慮なく切り捨てましたw
ザックの情けな具合がピークだと思うのですよ(酷)でもダークネスティアに切りかかるザックは好きだなぁ…v
戻る
かえる急便@管理人:都深野 恵/動作確認:Internet Explorer6.0