Sorry! This Page Is Japanese Only./since 1999.10.25
*アークティカ城*


エルミナ、ハーケンへと姿を変える

ザック: ………
…悪い、ここは――
俺ひとりで行かせてほしいんだ。

ハンペン: まかせたよ。

ザック: まかされた。

…俺たち、ここまで来るのに時間かけすぎだ。
――だがもう、迷わないぜ。

レディ・ハーケン: あたしの身体は、血に染まっている
引き返すことなどかなわぬ。
もとより――、そのつもりもない。

ザック: それは俺も同じこと。
大切なモノを守るため、
この場を退くわけには、いかねぇッ!
ここで無様をしでかしたら、
あいつに顔向けできねぇ…ッ!
――そいつは、一生モンの後悔だッ!!
俺の胸にはエルミナがいる。
エルミナのためにも、
ハーケン…、お前は、俺が――…
――斬るッ!!!

レディ・ハーケン: あたしの全ては、
ここから始まり、
ここで終わりの刻を迎える…
あたしの戦いは、何も生み出さない…
けれども、
何も失わせない戦いなんだ…
…たとえ、
この身を魔に墜とそうともな…
来い、ザック・ヴァン・ヴレイス…
全てを棄てたあの日から
お前が掴んできた力と共にッ!

戦闘開始

レディ・ハーケン: ――躊躇うなッ!
…もう、躊躇わないでくれ…
お前が伝えたい想い…
高速の剣に込めて
まっすぐあたしに届けて欲しい――…

戦闘終了直後

レディ・ハーケン: ――お前は、
あたしの胸で眠るに相応しい男だ…ッ…

戦闘終了⇒ハーケンからエルミナへ姿を戻し倒れる

ザック: ――エルミナァァァッ!!!
エルミナッ!
エルミナッ!!
エルミナァァァッ!!!

――これは…ッ!?

エルミナ: …まだ、…気づいていないのか…?
これは、お前の心が放つ輝き…
…そう、不可能をも可能とする、
お前自信の「絶対たる力」――…
大切なモノを守るため、
今までの自分を越える力…
お前の胸が放つ「勇気」の輝き、だ…
――くぅッ…

ザック: ――しゃべるなッ!
頼むッ、もう、しゃべらないでくれ…ッ…

エルミナ: お前の掌から、いくつもの大切なモノが、
こぼれ落ちていったとしても――…
今のお前は、
誰よりも強い、勇気の輝きを持っている…
それを信じるんだ…、それはどんな力よりも…

ザック: 目を開けてくれッ!
おいッ、おい――ッ!!

エルミナ: …かつて、この城で散った騎士から、
お前に宛てた言葉がある…
――聞いてくれるか…?
どんなに退屈で、つまらない世界でも、
ここは、あたしとあんたが出逢った世界…
…だから…、守って――

エルミナの身体が四散する…

ザック: ――エルミナ…
…俺はッ、俺はァァァッ…!!
…もう過去なんかに…
復讐なんかに囚われたりしない…
俺の振るう剣は、ただ、大切なものを守るために――

石の『獅子王』が、砕け散った!

ジャスティーン 我は、人が失いし心の光…
『勇気』を司りし守護獣ガーディアン
我を呼び覚ますは、
生きる人間の剣士の想いと、
散り行く魔族の騎士の想い。
過去に囚われず、
己を越えることを望むならば、
勇気の名のもとに我を呼ぶがよい。
我が名はジャスティーン。
弱き心を絶つ、勇気の剣なり。

ミーディアム「勇気の紋章」を手にいれたッ!

ハンペン: ――ザック…

ザック: …俺は、平気だ…
この通りさ。
………
…俺には、
まだ守るモノがあるって、
あいつが教えてくれたんだ…
…だから、俺は…
大切なモノを守るため、剣を振るえる。
――俺でいられるんだ…
「これがあたしの『戦装束』だ!」がやっぱ良かったのになぁ…でも「お前が伝えたい想い…」の下りは好きv
ザックめ!エルミナが倒れる前に抱えこめよ!トカ思いますた
あぁ…復活するとは分かっていても切ないぜ…
戻る
かえる急便@管理人:都深野 恵/動作確認:Internet Explorer6.0