Sorry! This Page Is Japanese Only./since 1999.10.25
*サーフ村*


セシリア: 瘴気が…、まるで霧のようにたちこめて…
こんな開けた村の中で、
いったい、どうして――…

ハンペン: カゼネズミのオイラにはわかる…
風が濁っているんだ…
この村の近くに、
風を濁らせる何かがあるみたいだ…

ザック: ――おい…、気をつけろ…ッ!
…何か近づいてくるぞ…

トニー: …お兄ちゃん…?
やっぱり、お兄ちゃんだッ!
困った時には、
必ず助けに来てくれると信じていたよッ!!

ベリーケイブに封じられし
瘴気まとう魔獣モンスターは、
かつて、この村を訪れた少年渡り鳥に倒された。
ベリーケイブがもたらす、
ホーリーベリーの収穫を産業として、
村は、新たな一歩を踏み出すのであったが…
ホーリーベリーの収穫が行われていくたび、
大地の生命力は、みるみる薄れ、
次第に瘴気が満ちるようになってきたという。
そして、今日――
ついに地表を覆わんばかりの瘴気に、
サーフ村はのみこまれたのだった…


ハンペン: …考えるに…
その、ホーリーベリーには、
魔獣モンスターの瘴気を抑える効果があったんだろうね…
欲をかきすぎるから、
こんなことになっちゃうんだよ…

ザック: ――それで、俺たちになんとかしてほしい、と…

バンボロー: ――いや、…そういうわけでは…
つまり、…その…、なんだな…

ザック: …なんだよ?
ハッキリしないな…

トニー: ねぇ、どうしてだよ…ッ!
お兄ちゃんなら、
きっとなんとかしてくれるよ。
それとも――
まだお兄ちゃんを怖がっているのッ!?

トニーの言葉に身をすくませるロディ

セシリア: すみません…
わたしたちだけで、
少しお話させてもらえませんか…?

この村で起こったかつての出来事をロディから聞く二人と一匹

ザック: ――俺たちと出逢う少し前に、
そんなことがあったとはな…
この一件、見かけほど単純じゃないってわけか…

ハンペン: 迷信やウワサの類は、
正しく伝達されないと、デタラメに膨張し、
本来のカタチをわからなくさせていまうものなんだ。
この村の人たちの場合、
なかなか実際のARMを見ることは
なかったんだろうね。
だから、ARMを…
ロディをそんなふうにしか、
見ることができなかったんだよ。
彼らは一方的に悪いわけじゃない。
オイラたちだって、
狭い価値観の枠の中、僅かな情報を手探りにして、
答えを出してきているわけじゃないか。
ちょっと引いて見ればわかること、
――でも、それができるのは、
この村で暮らしていない、オイラたちだからなのさ。

ザック: …わかるさ…
わかるけどよ、なんだかな…

セシリア: ロディが、
変えたいと思っているのなら、
変えてみましょうよ。

ザック: ――って、姫さん…
こいつの性格考えたら、
なんとかしたいと思っているに決まってるだろ?
…たとえ、それが…
かつて、自分を傷つけた相手だとしてもな…

セシリア: そうですね…
けれど――…
誰かをなんとかしたいと思っていても、
自分をなんとかしたいと思っているのでしょうか?

セシリアの言葉に振り返るロディ

セシリア: ねえ、ロディ…
あなたは、
この世界でひとりぼっちではないのですから…

轟音と共に地面から瘴気が噴出してきた

ハンペン: 地中に圧迫されていた瘴気が、
限界を超えてしまったんだよッ!!

ザック: …事態は、それだけじゃなさそうだぜ…

瘴気の渦にバルーンが集まる

セシリア: バルーンが、濃密な瘴気に導かれて――ッ!?

ザック: 理屈こねるのは後回しだッ!
目の前の厄介事から片付けていくぞッ!!

トニー: バンボローおじさんが、
見当たらないんだッ!

バンボローを探すべく駆け出すロディ
瘴気の渦に襲われているのを見たロディがARMを構える

バンボロー: ――ひッ、ひゎッ!

バンボローの反応に一瞬身体がすくむロディ
迫り来る瘴気の渦の中から魔獣モンスターが姿を現す
何とかロディの方へ身を置くバンボロー
そしてロディがARMを撃とうと構えるが引金トリガーを引く事が出来ない

ハンペン: 何やってるんだよ、ロディッ!!

ザック: あいつ、ARMに心を繋げてないのか…ッ!?

セシリア: …いいえ…
ロディの心が…
ARMを拒んでしまっているのです…
自分の振るうARMの力が、
また、誰かとの繋がりを断つのではないかと…
誰かとの繋がりを断ってしまう心の痛み…
それを恐れるあまり、
知らず、ARMを遠ざけてしまっているのです…

ザック: あいつ…

バンボロー: …あんた、なんだって俺なんかのために…

トニー: ボクたちを、
助けようと思ってくれているからじゃないかッ!
おじさんも助かりたいんだろッ!
だったら――
助かるように、一緒にがんばろうよ…ッ!

バンボロー: …一緒に、がんばる…?
俺は力もなにもない、普通の人間だ…
そんなこと、どうやって…
…こ、こうやって…
構えれば、…いいものなのか…?

トニー: 違うよ、おじさん。
もっとしっかり、狙いを定めなきゃ。

ヴィンセント: 私たちのために、
命をかけてくれる人がいるッ!
なのに、私たちはただ守られるだけで――
私たちは、
私たちのできることをやろうッ!
自分たちが何をやりたいのか、
みんな、もうわかっているはずだッ!

トニー: お父さんッ!

ヴィンセント: 村の男たちで、あんたを支える。
だから頼みがある。
この村のために力を貸してほしいんだッ!

村の人々に支えられ、力を取り戻していくARM
そして――

ゼペット: ARMは、己の心を繋げることで起動する機械…
意志の力で命をふきこむ、
素晴らしき技術の結晶じゃ…
わしはな…
心を繋げるというARMの特性を――
いつか、
誰かと誰かの心を繋げるために、
役立てられないかと考えておるのじゃ。
誰かを傷つけるはずの兵器が、
誰かと心を繋げていく――…
わしの望みが現実となったなら、
世界はきっと変わっていくぞ。
まるで、ひっくり返ったようにな…

かつて自分の祖父が言った言葉を思い出しながら引金トリガーを引く

ザック: ――あいつ…、力を取り戻したのかッ!?

トニー: お兄ちゃんッ!
一番カッコいいところ、見せてよッ!!

戦闘開始⇒戦闘終了直後


*ロディの攻撃に
ロッティングビーストが怯むッ!
最大の勝機は、今だッ!!


ヴィンセント: ロディ君ッ!
ホーリーベリーだッ!!

ヴィンセントが投げたホーリーベリーにARMの弾丸を重ねて
ロッティングビーストを葬り去る

バスカー集落、風詠みの祭壇――

守人タジーニ: …風詠みの祭壇に、
いい風がふきました…
まるで――
世界を閉ざす暗雲を吹き払ってくれるような…
そんな、西風ですね…

サーフ村にて「希望の西風ゼファー」が覚醒する

ゼファー: 我は、人が失いし心の輝き…
『希望』を司りし存在…
何度、くじけようとも、
あきらめず未来を求めんとする、その姿…
その姿こそが、
心に落ちた翳りをふき払ったのだ。
過ちを恐れることなかれ。
痛みに目をそむけることなかれ。
その向こうにこそ、『希望』はあるのだ…
さあ、未来を信じて戦うならば、
希望の名のもとに、
我が映し身を掲げるがよい…
西風は、心にふいて、
世界を覆う暗雲すらも、
やがて、彼方へと追いやらん――…

ロディが『石の龍神』を掲げる
『石の龍神』が砕け散ったッ!
ミーディアム『希望のかけら』を手にいれたッ!
正直村のヤツらが憎いので(笑)どうでも良いんですがゼペットじいさんの台詞がたまんなく良いので取ってみました
これ打ってる時に「Windward Birds」がBGMに流れてウッカリ涙してみたり…
あーちきしょう…ロディたんはなんて可愛いんだッ!!
戻る
かえる急便@管理人:都深野 恵/動作確認:Internet Explorer6.0